使いやすさで人気の池田屋ランドセル

使いやすさで人気の池田屋ランドセル

使いやすさで人気の池田屋ランドセル

池田屋ランドセルはシンプルな見た目で、使いやすさ、耐久性のための工夫に満ち溢れたランドセルです。

 

池田屋ランドセルには人工皮革、牛革の2種類がありますが、どちらのモデルでも一部人工皮革と牛革をそれぞれ適したパーツごとに組み込んで作られている特徴があります。

 

耐久性の必要なベルト部分はどちらのモデルでも牛革を使用し、防水機能が重要なかぶせ裏や通気性の必要な背中部分には人工皮革を用いています。人工皮革はクラリーノと牛革に近い質感のベルバイオ、そして牛革モデルがありますが、ランドセルの作り、強度、防水機能は全モデル共通で違いは見た目と重さだけです。

 

しかし、重さも牛革でも人工皮革に比べて200g重いだけなので、一般的な総牛革ランドセルに比べて非常に軽量で使いやすい特徴があります。価格は牛革モデルが5〜6万円台、人工皮革モデルが4〜5万円台です。

 

池田屋ランドセルの見た目の特徴としては「シンプル」であることが挙げられます。昨今は刺繍やラインストーンなど華やかなランドセルも人気ですが、池田屋ランドセルには流行りの刺繍はありません。というのは、刺繍は見た目は可愛い反面、その縫い目からどうしても水が入りやすくなるため防水機能が低下してしまうからです。

 

その耐久性、機能面からデザインはシンプルではありますが、別売600円で各種刺繍シールを購入することができるので、華やかに彩りたいお子さんの希望を叶えることもできます。また、池田屋ランドセルは彩のカラフルさもその特徴です。

 

赤、ピンク、ベージュ、ワイン、紫、青、黒などの単色モデルから、ふちや部品の色を変えて100種以上の独自のカラフルなコンビカラーから注文できるオーダーメイド方式、そして定番のコンビカラーとして設定されているモデルなど、カラフルで自分好みのランドセルを選ぶことができます。

 

ランドセル選びは見た目も重要ですが、6年間長く使う物のため、その耐久性や使いやすさはとても重要だと思います。池田屋ランドセルのこだわりはそこにあり、本体内部は強度の強いハイパール樹脂製の一枚板を折り曲げた構造となっているため、強い圧力でもつぶれない強度を誇ります。

 

また、上下に動く背カンを使用することで子供の体型にフィットする背負いやすさを実現し、ベルトの長さ調節もバックルのないギボシベルトを採用しているので、バックルが体にあたって痛いということなく快適に背負うことができます。

 

このように池田屋ランドセルは見た目はシンプルながら、細かい点にこだわり使いやすさ、耐久性を追求している特徴があります。

 

使いやすさで人気の池田屋ランドセル


関連ページ

フィットちゃんは全137種類から選べます
ほぼ必須のアイテムであり、小学生の象徴でもあるランドセルは年々カラフルになりつつありますが、そのバリエーションも増えてきたこともあり、ランドセル選びではいろいろと考えることが増えてきているかと思います。優れたランドセルの中でもフィットちゃんランドセルの、オシャレで素敵なデザインと豊富なカラーの組み合わせで選べるなど、おすすめポイントについてわかりやすく解説していきます。
こだわりの土屋鞄のランドセルについて
これから小学校入学を控えているお宅では、小学校生活に向けての準備も忙しく、ランドセル選びは一大イベントと言えるのでは無いでしょうか?ランドセルの種類も多く、その使い勝手やデザインもいろいろあり選ぶ際には迷うことも多いでしょう。その中でも細部にわたり職人さんの技術や思いが込められて作りがしっかりしていて高評価である、こだわりの土屋鞄のランドセルの魅力についてわかりやすく解説していきます。
カザマランドセルの特徴とは
ここ数年、ランドセル選びの時期は年々早まっており、満6歳児の親御さんは年次の始まりと共に情報収集を始めるなどと年々その様相は激化の傾向にあります。その中でも、見た目の美しさと機能性の高さが高評価で人気のカザマランドセルのおすすめ出来る特徴や魅力についてわかりやすく解説していきます。
セイバンランドセルのおすすめポイント
小学校の6年間使うランドセル、形、大きさもですが赤・黒のみだったランドセルが今では非常にカラフルになった上、デザインも様々なものが出ていて、どれを選んだらよいか迷うことも多いでしょう。ここでは、オーソドックスな色を揃えていて堅実な印象がある西播のランドセルのおすすめポイントについてわかりやすく解説していきます。