イマドキのランドセル事情がすごい!

イマドキのランドセル事情がすごい!

イマドキのランドセル事情がすごい!

昔は赤と黒の2種類しかなかったランドセルですが、最新のバリエーションの豊富さには目をみはるばかりです。「ラン活」という言葉をお聞きになったことはありませんか?何にでも「活」が付く昨今ですが、ついにランドセルにまで進出です。

 

最近では入学の1年以上前から購入の検討を始めるご家庭も多く、早いお家では秋ごろには購入するケースもあります。購入の時期は年々早まる傾向にありますが、人気のブランド品が売り切れてしまうのを避ける狙いがあるようです。通販真っ盛りの現代にあってもランドセルの購入場所は未だに量販店が優勢です。

 

他の物はどうあれ子供のランドセルは直接見に行って実物が見たいという親心の現れですね。最新の人気ブランド品のお値段は5万円前後から10万円ほどのものまであります。大手メーカーのデータによると、売れ筋は2015年で3万円代でしたが2016年では4万円代にアップしています。

 

通販で購入する場合は1万円代の品もありますが、中国製のものは見るからにみすぼらしいものもあるため、お子さんのためには避けた方が良いでしょう。最新のランドセルはまさにオシャレアイテムと言えるほどのキラキラ感高級感があって目移りするほどバラエティーに富んでいます。

 

女の子用は特にその傾向が顕著で、シックな上品さがあふれる品から、レースやキラキラがふんだんに使われた可愛らしい品まで様々です。男の子用も人気の漫画キャラクターが使われていたり、ダークな色を基調にしながらも差し色にこだわったカッコいいデザインの品が目を引きます。

 

最近の新しい傾向でランドセルカバーの普及があります。かつては交通安全や雨除けのため黄色いカバーがよく使われていましたが、近年のランドセルカバーはオシャレなランドセルに負けないくらいデザイン豊富です。ランドセルは長く使うものなので、途中でデザインに飽きてしまってもカバーで対応でき、キズや汚れから守ることが出来るため大変人気です。

 

親御さんの中にはランドセルの色によっていじめがおこるのではないかと心配されている方もいらっしゃるでしょう。しかし現代の子供たちは、親世代と違ってカラフルな色の持ち物があって当たり前の時代に生きています。

 

今の学校は登校後に持ち物を教室の後ろのロッカーにしまうことが多いため、話題になるのもごく短い間に限られます。子供自身が色をキッカケとしていじめを行うことはほとんどないでしょう。むしろ大人の方が余計な知恵をつけたり、いじめの発端になるようなことを子供に吹き込んだりすることの無いように配慮したいものです。


関連ページ

デザインランドセルの平均価格
ランドセル選びというとお盆の帰省時におじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらうのが定番でしたが、最近では人気モデルが夏の前に売り切れてしまうという状況になってきています。長く使うものだけに良いものを選びたいですよね?ここでは、おしゃれで人気のデザインランドセルの平均価格についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルでいじめにあうことはないの?
カラフルでおしゃれなデザインが増え、自分たちがランドセルを背負っていた頃のランドセルと今の事情は大きく変わっていることに驚かれるのでは無いでしょうか?ここでは、いろいろな種類のある状況で、ランドセルでいじめが起こらないのかという問題について解説していきます。
ランドセルにA4ファイルが入れられる
今はいろいろな書類の企画がA4となっていて、お仕事やいろいろな手続で使用する書類もA4となってきていますが、実は小学生をとりまく事情も例外ではありません。ここでは、今のランドセルの中に入る書類のサイズがA4に対応済みであることと、その意味などをわかりやすく解説していきます。
ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由
子供は成長が早いため、洋服も新調していてもすぐに着れなくなるため、おさがりで充分!いろいろな体操着や制服などであればそれども良いでしょう。ただ、ランドセルは6年間という長い間使用するものですよね?ここでは、ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由について解説していきます。
ランドセルのクッション性をチェックしよう
ランドセルは授業の科目に合わせて教科書やノートなどを運ぶバッグとしての役割がありますが、実はそれだけでは無いのです。何か有った時、場合によってはランドセルが子供を守るクッションの役割を果たす場合もあるのです。ここでは、ランドセルのクッション性をチェックすべき理由についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルの制限はなくなった
街を歩いている子供がランドセルをしていたら、それは小学生とすぐに判断できるもの…それくらいランドセルは小学生のシンボルと言って良い存在であると言えますよね。しかし、小学生の投稿では絶対にランドセルを行けないわけでは無いって知っていましたか?ここでは小学校におけるランドセルの義務に関する事情についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルをネットで購入した話
子供の小学校への入学が近づいてくると、いろいろなものを揃えなければ行けなかったり、いろいろと準備があって大変ですよね?学校指定のものなのは近所で揃えたりするなど、実際に見て購入することが多いかもしれませんが、最近ランドセルはネットの通販で購入するケースが増えています。ここでは、ランドセルをネットで購入した話をしていこうと思います。
中古ランドセルの価格と品質は?
一年生になる前には、ピカピカのランドセルを購入して、入学式にそなえなくてはなりません。しかし通常の新品でランドセルを購入すれば、5万円前後が相場となっていますので、かなりの価格が必要になりますよね。ランドセルが負担に感じた場合に知っておきたい、中古ランドセルの価格と品質についてわかりやすく解説していきます。
子どもを衝撃から守るランドセル
幼稚園を卒園したばかりの一年生が、大きなランドセルを背負って一生懸命登下校している姿というのは、見ていて微笑ましくなりますよね?ここでは、ランドセルの教材等を運ぶカバンとしての機能だけにとどまらず、クッション機能で子供から守っている役割についてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その1
小学生男子のランドセルはだいたいみんなボロボロになっています。六年間使うのでボロボロになるのは当たり前ですが、なるべく綺麗に残したいですね。ここでは男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びについてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その2
男の子は女の子と違い、活発でいつも落ち着き無く走り回っていることが多いですが、遊びや行動が乱暴であることが多く、持ち物も痛みやすかったりしますよね?それはランドセルも同じです。ここでは、男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びのポイントなどをわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その3
ランドセルは小学校の六年間という長い間利用する物でもあります。そのため、耐久性があるランドセルを選ぶということが重要になってきますよね。ここでは、ものの扱い方が女子に比べて乱暴な男の子のランドセルの扱いと、その選び方のポイントについてわかりやすく解説していきます。
色が自由のランドセルが多数
幼稚園を卒園し、大きくなった子どもたちにとって、新しいランドセルを自分の背中に背負って小学校へ通うことは大きな楽しみといえますよね。通学の際に使うランドセルは小学生にとってはちょっとしたステイタスかもしれません。今では様々な色が選べるようになったランドセル事情についてわかりやすく解説していきます。