ランドセルの制限はなくなった

ランドセルの制限はなくなった

ランドセルの制限はなくなった

小学生のシンボルといえばランドセル。男の子は黒、女の子は赤、と決まっていた時代は終わり、今やカラフルなランドセルが入学式でたくさん見られるようになりました。

 

デパートなどでもランドセルのバリエーションは年々増加傾向にあり、色やデザインだけでなく、機能性や軽量化、耐久性にまでこだわった商品が続々と登場しています。

 

価格にも幅ができ、数万円で購入できるものから数十万円もする高級品など驚きの商品も存在します。

 

選ぶ側としては嬉しい悲鳴が出てしまいますが、同時にどんな物を選んだらいいのか混乱してしまう原因にもなっています。

 

実は、公立小学校の場合、ランドセルを使わなくてはいけないという決まりはありません。安全性を考えて両手が自由になる背負うタイプのカバンが推奨されていることは事実ですが、それがランドセルでなければいけないということではありません。

 

しかし、ランドセルは利便性や機能性、安全性にも配慮されて作られたものですので、一番適しているという理由で選ばれています。時には学校指定のカバンがある場合もありますが、ほとんどは制限なく自由にカバンを選べるようになっています。

 

ランドセル自体にも、様々な変化が表れています。先述した色はまさに多種多様。デザインもセミオーダーやフルオーダーでカスタマイズできるものが人気になっています。ステッチや刺しゅうなど、今までなかったような装飾を施せるものが女の子に特に人気です。形も縦型のもののほかに横型のものがあったりと、形にも色にもとらわれず制限なく進化しているといえます。

 

親としてはせっかくならば小学校の6年間で大事にランドセルを使ってもらいたいという思いで購入するのですが、特に指定がない場合は途中でショルダーバックやリュックに変更してしまう子供も多くなっています。

 

身体が大きくなることと、周りの変化に合わせていきたいと思うのが子供ですので、仕方ない部分もあります。学校指定で6年間ランドセルを使わなければいけないという制限がある場合は、先々のことを考えてサイズ調整が効くものや、耐久性が高いもの、表面を保護して新品の状態を保持できるカバーなどを使うとよいかもしれません。

 

ランドセルの制限がなくなった今、選ぶ楽しさと同時に選択する難しさも経験することになります。どんなものが子供にとってふさわしく、長く使い続けることができるかを考えて子供の体と好みにぴったりのものを選んであげるようにしましょう。


関連ページ

イマドキのランドセル事情がすごい!
子供の頃、ランドセルを背負って学校に行ってた頃のランドセルに関して、赤と黒しか選べなかったりなど、それほどランドセルにクローズアップされてなかったのでは無いでしょうか?実は今は違います!今、ランドセルが凄いことになっています。そんなランドセルをとりまくイマドキのランドセル事情について解説していきます。
デザインランドセルの平均価格
ランドセル選びというとお盆の帰省時におじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらうのが定番でしたが、最近では人気モデルが夏の前に売り切れてしまうという状況になってきています。長く使うものだけに良いものを選びたいですよね?ここでは、おしゃれで人気のデザインランドセルの平均価格についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルでいじめにあうことはないの?
カラフルでおしゃれなデザインが増え、自分たちがランドセルを背負っていた頃のランドセルと今の事情は大きく変わっていることに驚かれるのでは無いでしょうか?ここでは、いろいろな種類のある状況で、ランドセルでいじめが起こらないのかという問題について解説していきます。
ランドセルにA4ファイルが入れられる
今はいろいろな書類の企画がA4となっていて、お仕事やいろいろな手続で使用する書類もA4となってきていますが、実は小学生をとりまく事情も例外ではありません。ここでは、今のランドセルの中に入る書類のサイズがA4に対応済みであることと、その意味などをわかりやすく解説していきます。
ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由
子供は成長が早いため、洋服も新調していてもすぐに着れなくなるため、おさがりで充分!いろいろな体操着や制服などであればそれども良いでしょう。ただ、ランドセルは6年間という長い間使用するものですよね?ここでは、ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由について解説していきます。
ランドセルのクッション性をチェックしよう
ランドセルは授業の科目に合わせて教科書やノートなどを運ぶバッグとしての役割がありますが、実はそれだけでは無いのです。何か有った時、場合によってはランドセルが子供を守るクッションの役割を果たす場合もあるのです。ここでは、ランドセルのクッション性をチェックすべき理由についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルをネットで購入した話
子供の小学校への入学が近づいてくると、いろいろなものを揃えなければ行けなかったり、いろいろと準備があって大変ですよね?学校指定のものなのは近所で揃えたりするなど、実際に見て購入することが多いかもしれませんが、最近ランドセルはネットの通販で購入するケースが増えています。ここでは、ランドセルをネットで購入した話をしていこうと思います。
中古ランドセルの価格と品質は?
一年生になる前には、ピカピカのランドセルを購入して、入学式にそなえなくてはなりません。しかし通常の新品でランドセルを購入すれば、5万円前後が相場となっていますので、かなりの価格が必要になりますよね。ランドセルが負担に感じた場合に知っておきたい、中古ランドセルの価格と品質についてわかりやすく解説していきます。
子どもを衝撃から守るランドセル
幼稚園を卒園したばかりの一年生が、大きなランドセルを背負って一生懸命登下校している姿というのは、見ていて微笑ましくなりますよね?ここでは、ランドセルの教材等を運ぶカバンとしての機能だけにとどまらず、クッション機能で子供から守っている役割についてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その1
小学生男子のランドセルはだいたいみんなボロボロになっています。六年間使うのでボロボロになるのは当たり前ですが、なるべく綺麗に残したいですね。ここでは男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びについてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その2
男の子は女の子と違い、活発でいつも落ち着き無く走り回っていることが多いですが、遊びや行動が乱暴であることが多く、持ち物も痛みやすかったりしますよね?それはランドセルも同じです。ここでは、男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びのポイントなどをわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その3
ランドセルは小学校の六年間という長い間利用する物でもあります。そのため、耐久性があるランドセルを選ぶということが重要になってきますよね。ここでは、ものの扱い方が女子に比べて乱暴な男の子のランドセルの扱いと、その選び方のポイントについてわかりやすく解説していきます。
色が自由のランドセルが多数
幼稚園を卒園し、大きくなった子どもたちにとって、新しいランドセルを自分の背中に背負って小学校へ通うことは大きな楽しみといえますよね。通学の際に使うランドセルは小学生にとってはちょっとしたステイタスかもしれません。今では様々な色が選べるようになったランドセル事情についてわかりやすく解説していきます。