男の子のランドセルの扱い方その3

男の子のランドセルの扱い方その3

男の子のランドセルの扱い方その3

ランドセルは小学校の六年間という長い間利用する物でもあります。

 

そのため、耐久性があるランドセルを選ぶということが重要になってきます。

 

特に男子はものの扱い方が女子に比べて乱暴になるということがあるので、特に頑丈で耐久性のあるランドセルを選んでいきたいところです。

 

ランドセルを普通に利用するだけであっても、床に強く投げたり、踏みつけたりという事をしてしまいがちです。自分自身が丁寧に使っている子供でも、同級生に踏まれたりけられたりという事は日常茶飯事です。小学校時代は基本的なマナーを身につける時期でもありますから、まだまだマナーが十分でない子どもも多いものです。

 

それで傷がついてしまい悲しい思いをするよりは、あらかじめそういったものだと考えて準備をしておくのが良いでしょう。女性の方ではなかなか想像しづらいでしょうが、男子だからこそこういった乱暴な扱い方も多くなってきます。その点を意識したランドセル選びをしてあげましょう。

 

まずは汚れが付きにくい素材で作られているということが大きなポイントとなります。近くでお菓子を食べてお菓子のかすをこぼしてしまう事もありますし、雨が降ったら濡れたまま放置しておくかもしれません。

 

そういった汚れがシミとなって残ってしまうようなものだと大変ですし、毎日のお手入れも大変になります。撥水加工などがしてあるものだとよいでしょう。ふき取るだけでお手入れができるので、男子の雑なランドセルの扱いでもお手入れがしやすくなるでしょう。

 

昔ながらの本革のランドセルは質が良く大変良いものですが、どうしても塗装部分のひびなどが発生しやすくなります。表面がそういったひびが入らないような加工がしてあるものにすると安心して使えます。

 

おもちゃ感覚でけってしまったり叩いてしまったりという事も多くなります。おもちゃではなく、入れ物として使うのだという事をきちんと教えることはもちろんですが、形が崩れないようなしっかりした作りのものを選んであげるようにしましょう。

 

六年間の長い期間を一緒に過ごすものだからこそ、愛着もわいてきます。途中で壊れたりしないような頑丈さという事を考えて選んであげるようにしましょう。特に男子は成長の幅も女子より大きくなります。肩ひもなどのサイズ調整の幅が大きいかどうかという事も要チェックです。

 

少々乱暴に扱う事も、成長の一環といえるかもしれません。そういったことも考えに入れながら適切なものを選んであげましょう。


関連ページ

イマドキのランドセル事情がすごい!
子供の頃、ランドセルを背負って学校に行ってた頃のランドセルに関して、赤と黒しか選べなかったりなど、それほどランドセルにクローズアップされてなかったのでは無いでしょうか?実は今は違います!今、ランドセルが凄いことになっています。そんなランドセルをとりまくイマドキのランドセル事情について解説していきます。
デザインランドセルの平均価格
ランドセル選びというとお盆の帰省時におじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらうのが定番でしたが、最近では人気モデルが夏の前に売り切れてしまうという状況になってきています。長く使うものだけに良いものを選びたいですよね?ここでは、おしゃれで人気のデザインランドセルの平均価格についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルでいじめにあうことはないの?
カラフルでおしゃれなデザインが増え、自分たちがランドセルを背負っていた頃のランドセルと今の事情は大きく変わっていることに驚かれるのでは無いでしょうか?ここでは、いろいろな種類のある状況で、ランドセルでいじめが起こらないのかという問題について解説していきます。
ランドセルにA4ファイルが入れられる
今はいろいろな書類の企画がA4となっていて、お仕事やいろいろな手続で使用する書類もA4となってきていますが、実は小学生をとりまく事情も例外ではありません。ここでは、今のランドセルの中に入る書類のサイズがA4に対応済みであることと、その意味などをわかりやすく解説していきます。
ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由
子供は成長が早いため、洋服も新調していてもすぐに着れなくなるため、おさがりで充分!いろいろな体操着や制服などであればそれども良いでしょう。ただ、ランドセルは6年間という長い間使用するものですよね?ここでは、ランドセルのおさがりを避けた方がいい理由について解説していきます。
ランドセルのクッション性をチェックしよう
ランドセルは授業の科目に合わせて教科書やノートなどを運ぶバッグとしての役割がありますが、実はそれだけでは無いのです。何か有った時、場合によってはランドセルが子供を守るクッションの役割を果たす場合もあるのです。ここでは、ランドセルのクッション性をチェックすべき理由についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルの制限はなくなった
街を歩いている子供がランドセルをしていたら、それは小学生とすぐに判断できるもの…それくらいランドセルは小学生のシンボルと言って良い存在であると言えますよね。しかし、小学生の投稿では絶対にランドセルを行けないわけでは無いって知っていましたか?ここでは小学校におけるランドセルの義務に関する事情についてわかりやすく解説していきます。
ランドセルをネットで購入した話
子供の小学校への入学が近づいてくると、いろいろなものを揃えなければ行けなかったり、いろいろと準備があって大変ですよね?学校指定のものなのは近所で揃えたりするなど、実際に見て購入することが多いかもしれませんが、最近ランドセルはネットの通販で購入するケースが増えています。ここでは、ランドセルをネットで購入した話をしていこうと思います。
中古ランドセルの価格と品質は?
一年生になる前には、ピカピカのランドセルを購入して、入学式にそなえなくてはなりません。しかし通常の新品でランドセルを購入すれば、5万円前後が相場となっていますので、かなりの価格が必要になりますよね。ランドセルが負担に感じた場合に知っておきたい、中古ランドセルの価格と品質についてわかりやすく解説していきます。
子どもを衝撃から守るランドセル
幼稚園を卒園したばかりの一年生が、大きなランドセルを背負って一生懸命登下校している姿というのは、見ていて微笑ましくなりますよね?ここでは、ランドセルの教材等を運ぶカバンとしての機能だけにとどまらず、クッション機能で子供から守っている役割についてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その1
小学生男子のランドセルはだいたいみんなボロボロになっています。六年間使うのでボロボロになるのは当たり前ですが、なるべく綺麗に残したいですね。ここでは男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びについてわかりやすく解説していきます。
男の子のランドセルの扱い方その2
男の子は女の子と違い、活発でいつも落ち着き無く走り回っていることが多いですが、遊びや行動が乱暴であることが多く、持ち物も痛みやすかったりしますよね?それはランドセルも同じです。ここでは、男の子のランドセルの扱い方とランドセル選びのポイントなどをわかりやすく解説していきます。
色が自由のランドセルが多数
幼稚園を卒園し、大きくなった子どもたちにとって、新しいランドセルを自分の背中に背負って小学校へ通うことは大きな楽しみといえますよね。通学の際に使うランドセルは小学生にとってはちょっとしたステイタスかもしれません。今では様々な色が選べるようになったランドセル事情についてわかりやすく解説していきます。